車買取 下取り 個人売買

車買取と下取り、個人売買はどれがいい?

車買取、下取り、個人売買

車を手放すには、下取りを利用したり、知り合いなどに個人的に車を売買する方法があります。
そのため、「どの方法が良いのだろう?」と迷っている方もいるでしょう。

 

 

 

では、車買取や下取り、個人売買について、ご紹介しましょう。
まず、下取りと買取の違いが分からない方も多いと思いますが、下取りはあくまでもディーラーが行っているサービス。
ディーラーでは、新しい車を売却することが主な仕事となっていますから、下取りは車を購入してもらうお客さんに対する、一つのサービスでしかありません。
そのため、下取りをする際には、購入する車に応じて査定額が決められることになり、詳しく車の状態などを確認せずに査定額が決められることになります。

 

 

 

そのため、買取業者を利用した方が、高い価値が付けられることが多くなります。
個人的に車を売買する場合には、それぞれ納得する価格で売買することになりますので、自由に決めることが出来ます。
しかし、個人売買の場合には、手続きを全て自分たちで行っていくことが必要となり、後々トラブルになってしまうことも少なくありません。
購入者に全ての手続きを任せていたことで、所有者等の変更などを行っておらず、納税書が届けられることもあります。
手続きを行う際には、一緒に手続きを行い、確認していくことも大切となるでしょう。

 

 

 

このように、車を手放す際には下取りや個人売買といった方法もありますが、買取業者を利用した方が手続きも楽になりますし、買取価格も期待出来るでしょう。
また、クラシックカー、旧車のような特に一部のマニアに受けるような車の場合は、その車種に強い車買取業者の利用がオススメです。

 

 

>>>車買取業者を探すには?

車買取と下取り、個人売買はどれがいい?記事一覧

中古車査定の実施場所

テレビCMなどを眺めていても、中古車査定を行ってくれる販売店のCMを目にすることはよくあるでしょう。ユーポスやラビット、ガリバーあたりが大手の買取りセンターでしょうか。大手は多額の広告費を使い、新規顧客獲得に努めていますから、満足の得られる対応が期待できるかも知れません。ディーラーで下取りに出すより...

≫続きを読む